オールインワンジェルと美容液を併用する時の順番は?

化粧品

仕事や子育てで忙しい女性にとって、全てのスキンケアを1つで済ませられるオールインワンジェルは、とても便利で有難い商品ですよね。

でも、肌悩みに応じて美容液を併用したい時、どの順番で使えばいいか迷いませんか?美容液とオールインワンジェルの順番を間違えると、せっかく入れた成分の効果が半減してしまうことに・・・。

オールインワンジェルと美容液を上手に使い、肌の悩みを改善していきましょう!

 

オールインワンジェルの役割

 

 

オールインワンジェルとは
化粧水、乳液、美容液、クリーム、(+化粧下地)など、複数の機能を1つにしたジェルです。

通常のスキンケアは①→③ステップです。
化粧水で水分を与え、肌を整える
美容液で保湿成分と美容成分を与える
乳液クリームで潤いを閉じ込める

これらを全て1つのアイテムにまとめたのがオールインワンジェルです。①→③
を1回で済ませることができます。

洗顔とクレンジングが一緒のものもあるので、最短で2つのスキンケアアイテムで済ませることもできますね。

そんな便利なオールインワンジェルですが、人によってはデメリットもあるようです。

 

オールインワンジェルのメリットとデメリットは?

メリット

  • とにかく忙しい!でも肌はしっかりお手入れしたい。
  • 1つのアイテムでたくさんの美容効果がほしい。
  • 化粧品代の節約になる。
  • 工程が少ないので、肌への負担(摩擦など)が少ない。
  • 何を選んでいいか迷う、分からない。
  • 旅行、ジムなどに行くときに手軽に持ち運びができる。

 

デメリット

  • 肌の調子に合わせてスキンケアができない物足りない気がする。
  • 効果が実感できない。
  • 肌の悩みが解決できない。
  • 1アイテムだから使用感などの調節ができない。

今は各メーカーから、さまざまなタイプのオールインワンジェルがでています。使用感もさっぱりタイプから、クリームに近いしっとりタイプまであります。使用感まで含めて選ぶといいですね。

健康な肌なら問題はないのですが、肌トラブルや年齢肌の悩みなどがある場合は、1つでは難しい時もあるかもしれません。そんなとき、肌悩みにピンポイントでケアしてくれるのが美容液です。

肌悩みに合わせてプラス1品、美容液などを併用している人も多いようです。

美容液の役割

 

 

基本のスキンケアは、洗顔→化粧水→乳液やクリーム です。

美容液はそこにプラスアルファの美容効果を得る目的のものです。

肌質、肌の悩みは人それぞれ違い、肌悩みに合わせて必要な成分で予防、改善を目指します。美容液はシミ、くすみ、ハリ、弾力、毛穴の開き、乾燥などのさまざまな悩みを、そこだけ集中的に対策することができます。1つだけではなく、2~3つの要素が複合されているものもあります。

形状としては、最近は化粧水に近い水っぽいものや、ジェル状のもの、美容乳液、クリームに近い美容クリーム、部分的に使うものなど、さまざまな形の美容液があります。
美容液の種類には正確な定義や条件はないので、各メーカーが製造販売届出時に自由に決めることができます。各メーカーが自社製品の目的に合った美容液のタイプを作り出してきています。

ここで、私たちに必要なことは、まず悩みが何なのか、その肌悩みの有効成分は何なのかをはっきり確認することです。必要のない成分はなくていいのです。

次に使用感です。さらっとした方がいいのか、しっとりしていた方がいいのかなどです。

肌の敏感な人はジェルタイプの美容液を選んだ方が刺激は少ないです。

私たち自身が、肌悩みに合わせて美容液を選ぶことができます。

 

参考に

乾燥の悩みにおすすめの保湿成分
セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸、スクワラン、コラーゲン、レシチン、プロテオグリカン、等

美白におすすめの成分
ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタエキス、アルブチン、フラーレン、カモミラET、エラグ酸、ハイドロキノン、等

エイジングケアにおすすめの成分
レチノール、コラーゲン、プラセンタエキス、コエンザイムQ10(ユビキノン)、EGF、FGF、ナイアシン、ビタミンC誘導体、等

 

では、美容液とオールインワンジェルの順番です!

オールインワンジェルと美容液を併用する時の順番

 

 

美容液を併用する時は、オールインワンジェルの前です。

詳しくお伝えします。

なぜ美容液が前なのか、それぞれのスキンケアの役割を理解すると、他の化粧品を使う場合にも順番が分かります。

①化粧水→②美容液→③オールインワンジェル→④乳液orクリーム

① 化粧水で角層に水分を与えることで、皮膚が整い、柔軟になります。
柔らかくなった肌に美容液を使うと、浸透しやすくなり、より美容効果が高まります。
オールインワンジェルは乳液、クリームの要素も兼ねているので、美容液の後になります。基本的には水性ジェルは水分を多く含んでいます。
④ 乳液は水分と油分をバランスよく配合し、肌に蓄えます。水溶性成分と油性成分の配分によって使用感もさまざまです。
⑤ クリームは、油性成分の配合量が多く、保湿効果を持続します

順番の考え方としては、水分の多いものから油分の多いものと覚えると分かりやすいかもしれません。美容液を重ねるときの順番は、さらっとしたものからとろみのあるものです。

オールインワンジェルの後に美容液を使っても、乳液やクリームの要素も入っているので、浸透しにくくなってしまい、結局効果も半減してしまうのです。もったいないですよね。

よって、美容液→オールインワンジェルの順番になります。

 

 

まとめ

 

 

仕事や子育てで忙しい女性にとって、1つのアイテムで全てのスキンケアが完了できるのはとてもうれしいことです。オールインワンジェルは生活スタイルに合わせて忙しいときだけ使ったり、疲れて帰宅した時の簡単アイテムにしたり、旅行に行く時の荷物を手軽にしたり、用途に合わせて利用するのもいいですよね。肌悩みに合わせて美容液をプラスして使うのもおすすめです。今は悩み別に美白、乾燥、エイジングケアできるオールインワンジェルも増えてきています。大切なのは、肌悩みに対する有効な成分、好みの使用感などをしっかり自分で選ぶということです。順番は大事ですので間違えないように!色々使い分けてストレスなく過ごし、美肌づくりに繋げていきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました