女性ホルモンの乱れが肌荒れの原因?メカニズムと対策

肌荒れ

女性の肌の悩みは尽きません。色々な化粧品を使っても、美容法を試しても、中々肌荒れが改善しないのはなぜでしょう?化粧品のせい?実は女性の肌荒れの原因には、女性ホルモンが大きく影響しています。美肌には女性ホルモンは切っても切れない存在なのです。

肌荒れの原因としくみをきちんと理解することが先決です。

理解した上で、正しい対策を立て、大切に美肌を育てていきましょう。これが肌トラブルから抜け出すコツです!

女性ホルモンの乱れが肌荒れの原因?メカニズムと対策

 

 

女性ホルモンのメカニズムが分かると原因と対策が見えてきます。

 

女性ホルモンには生理後に増えてくる卵胞ホルモン(エストロゲン)と、生理前に増えてくる黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は肌の弾力を保つコラーゲンの生成を促し、肌の水分を保持する働きがあります。美肌ホルモンとも呼ばれています。
一方、黄体ホルモン(プロゲステロン)は皮脂分泌を増やし、肌トラブルが起きやすくなります。よく生理前になるとニキビができるのは、このためですね。精神的にも不安定になったり、むくみのもとになることもあります。

良くも悪くも女性の肌は、この2種類の女性ホルモンの影響を大きく受けています。
この2種類のホルモンのどちらかの分泌量が急激に増えたり減少したりするような状態をバランスが乱れるといいます。バランス良く保たれている状態が大切なのです。

女性にとってはちょっと面倒なホルモンかもしれませんが、この2つのホルモンには妊娠に向けての大切な役割があります。卵胞ホルモン(エストロゲン)は卵胞の発育や子宮内膜を厚くします。黄体ホルモン(プロゲステロン)は受精卵が着床しやすい状態になるように働きます。基礎体温を上昇させたりもします。女性にとってはどちらも必要なホルモンなのです。

 

女性ホルモンが乱れると肌荒れする理由

 

 

年齢とともに女性ホルモンの分泌量は変化します。

 

思春期  

生理が始まったばかりの数年はまだホルモン分泌が安定していないため、バランスが崩れやすくなります。皮脂分泌も活発になりニキビができやすくなります。

 

20~30代 

ホルモンの分泌は順調になります。肌を育てるにはとても大切な時期ですが、この年代は忙しさからのストレスや不規則な生活、過剰なダイエット、睡眠不足などが積み重り、女性ホルモンのバランスが崩れる人が少なくないです。そのため肌のターンオーバー(28日周期)のサイクルが乱れ、肌の生まれ変わりが遅くなり肌トラブルが起こります。

 

40代~

卵巣の機能低下とともにホルモンの分泌が減りはじめ老化が加速します。コラーゲンが減り、シワやたるみが出てきます。シミが残ったり肌がくすんだりします。肌の水分量も減少し、肌が乾燥します。肌の乾燥からバリア機能も低下し、肌トラブルにもつながります。
更にホルモン減少のためバランスが崩れ、体や心にまで様々な症状があらわれます。いわゆる更年期症状です。

 

対策

 

 

 ホルモンのバランスを整えることが重要です。

 

バランスのとれた食事

美肌にとって食事はとても大切です。炭水化物の偏りは肌への栄養にはなりません。生野菜のサラダのみは体を冷やし、肌の代謝が下がります。
和食中心にして温野菜と低カロリーの肉や魚が揃う食事をおすすめします。
食物繊維、ミネラル、緑黄色野菜(抗酸化作用があり、美肌にとって必要なビタミンAとCが豊富に含まれています)を摂りましょう。
女性ホルモンと同じ作用のある大豆。ビタミンE、鉄、亜鉛など女性に大切な栄養素があるナッツ類なども積極的に摂りましょう。

 

良質な睡眠

毎日最低6~7時間睡眠をとりましょう。
睡眠のはじめの約3時間以内に成長ホルモンが分泌され、それにより肌の奥で細胞分裂が起こります。そこまでに6時間ほどかかるので、最低でも6時間の睡眠は確保したいものです。

 

ストレス解消

ストレスによって体内に活性酸素が発生し、肌老化が促進されます。

  • 運動をしましょう。
    運動は幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンを増やす効果があるといわれています。有酸素運動やウォーキングなどストレスのかからない程度の、ウォーキングがおすすめです。
  • アロマテラピーなどよい香りで癒されましょう。ローズの香りはホルモンバランスを整え、美肌効果があると言われています。
  • 好きな音楽を聴いてリラックスしましょう。  
  • 趣味を楽しむ

 

スキンケア

ご自身の肌に合った化粧品を選びましょう。肌質はそれぞれ違います。必要のないものを使い続けたり、間違ったスキンケアはもったいないです。これを知っているだけでもかなり違います。季節ごとにも肌の状態に合わせて調節していきましょう。 

 

 

 まとめ

 

 

美肌を作るには女性ホルモンを整え、内面と外面からのサポートが必要です!

美肌はスキンケアだけでなく、食べること、眠ること、運動すること、日常生活にどれだけ気を配れるかで10年後の肌も決まります。

 

女性ホルモン卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)は、約28日周期の中でそれぞれの役割をもって変化し、働いています。卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されているときは、より美肌になるようヨガなど美活をして過ごし、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されているときは、イライラせずにゆっくり過ごすなど、上手に付き合っていくことが大切だと思います。ホルモンバランスを整えるために、生活習慣の見直しをしましょう。そのうえでご自身に合った化粧品でケアしてあげましょう。美肌は自分で作り、大切に育てていくものなのですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました